りんごといちご、どっちがカロリー少ない?その他のフルーツは?

子供のおやつに対する情熱や執念は相当なもので、ついつい食べすぎてしまうことも。 おやつの過剰摂取は、肥満など健康に影響を及ぼす可能性が大きくあります。 そんなリスクを回避しつつ、甘さを楽しむことができる存在がフルーツです。 ですが、フルーツも食べ過ぎは良くありません。 そこで今回は、たくさんフルーツ食べたい子供のために知っておいた方がいいフルーツのカロリーをご紹介します。


サムネイル

野菜と果物の違いは?

サムネイル

フルーツのカロリーを紹介する前に、そもそも野菜と果物の違いはご存知でしょうか。

答えは、「明確な定義はない」です!!

この質問に対する農林水産省の回答が下記になります。

野菜と果物(果実)の分類については、はっきりした定義はありません。あるものを野菜に分類するか果物に分類するかは、国によっても違い、日本でも生産・流通・消費などの分野で分類の仕方が異なるものもあります。生産分野においては、一般的に次の特性を持つ植物が野菜とされています。
1.田畑に栽培されること(栽培されていない山菜などは野菜と区別することが多い)
2.副食物であること
3.加工を前提としないこと(こんにゃくのような加工を前提とするものは野菜としていない。漬物のように原料形質がはっきり残っているものや家庭における簡易加工は加工に含まない)
4.草本性であること
しかし、どの定義も確固たるものではありません。 また、農林水産省では、果実を、生産や出荷の統計をとる上で果樹として分類しています。この果樹は、木本性などの永年作物のことをいいます。なお、いちご、メロン、すいかなどは野菜に分類されますが、果実的な利用をすることから果実的野菜として扱っています。

特に定義がないのであれば、野菜でも果物でも美味しいものヘルシーに食べたいですよね。

フルーツ・ヘルシーランキング

サムネイル
今回は一般的なフルーツの中でのカロリーをランキングにしてみました。
※本ランキングは可食部100gあたりのカロリーをもとにしたランキングになります

第15位:バナナ 86kcal
第14位:柿 61kcal
第13位:さくらんぼ 60kcal
第12位:ぶどう 59kcal
第11位:リンゴ 54kcal
第10位:キウイ 53kcal
第9位:パイナップル 51kcal
第8位:みかん 45kcal
第7位:梨 43kcal
第6位:メロン 42kcal
第5位:オレンジ 39kca
第4位:桃 40kcal
第3位:グレープフルーツ 38kcal
第2位:スイカ 37kcal
第1位:いちご :34kcal

バナナの最下位は予測出来てもいちごの1位は予測できましたか?

いちごのプチ情報

サムネイル
最後に、ヘルシーランキング1位のいちごのプチ情報をご紹介します。

◎いちご2粒でレモン1個分のビタミンCがある
◎先端の方が甘いので葉側から食べた方が最後まで美味しい
◎ツブツブ部分が本当は実で本体は茎
◎寒い時期を経験しないと育たない
◎キシリトールが含まれている
◎花言葉は「尊敬と愛情」
◎洗ってから食べるのがオススメ

おやつ=お菓子という考えが一般的になっていますが、おやつの時間にフルーツのおいしさを子供と再確認してみてはいかがでしょうか。

P.N 久喜 太郎

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です