アイスの食べ過ぎに要注意。子供の頃から大量に食べるリスクとは?

夏になると、子供と一緒にアイスを食べる機会が増えます。子供は、アイスやジュースなどの甘いものが好きなので、歯止めが効きません。アイスを子供の頃からたくさん食べることはどんなリスクに繋がるのでしょうか。

イチゴアイスのパフェ

夏になると、子供と一緒にアイス食べる機会が増えます。

子供は、アイスジュースなどの甘いものが好きなので、歯止めが効きません。

アイスを子供の頃からたくさん食べることはどんなリスクに繋がるのでしょうか。

 

アイスは肥満や虫歯の原因に?

アイスを食べる女の子

溶けて常温に戻ったアイスを舐めたことのある人はご存知かもしれませんが、

アイスには想像以上の糖分がたくさん含まれています

 

私たちの味覚は冷えているモノの味を感じる時は、鈍くなってしまいます。

そのため、アイスの味を甘くするためには大量の砂糖が必要になります。

 

アイスに含まれている糖分は、様々な病気の原因になります。

 

例えば、子供毎日のようにアイスを食べていた場合、肥満虫歯の原因になります。

歯は生え変わるとはいえ、永久歯に生え変わった後には一生ものです。

 

子供の頃に虫歯になってしまうとその後一生苦しむことになりますので、

アイスの食べ過ぎに注意し予防するようにしましょう。

 

急な腹痛にはこれが効くかも!?

【第2類医薬品】ストッパ 下痢止めEX 12錠【楽天24】[ストッパ 下痢止め/水なしで飲めるタイプ]

将来的には糖尿病の不安も

林檎と砂糖と注射器

子供のうちは多少太っていたとしても実害はほとんどありません。

 

しかし、将来的にみると、肥満は糖尿病の原因になります。
特にアイスのような食べ物の場合、糖分の吸収が非常に早く、

血糖値が急激に上昇することが知られています。

 

血糖値の急激な上昇は糖尿病のリスクといわれています。
子供の頃から大量にアイスを食べる生活を続けていると、

 

大人になってからもアイスを大量に食べる習慣を続けてしまいます。

 

糖尿病になってしまうと頻繁に病院に通う必要が出てくるだけでなく、
最悪の場合、腎不全手足を切断しなければならなくなることもあります。

 

子供のうちから我慢させる習慣を身につけさせましょう。

アイスを食べるとお腹が痛くなるのは腸内細菌のせい?

 

アイスを食べる女の子

 

アイスは冷たい食べ物なので、アイスを食べることで体を冷やしてしまいます。

 

腸内細菌という数多くの微生物が、私たちの腸の中にいることはよく知られていると思いますが、

アイスによって体が冷えてしまうと、この腸内細菌バランスが崩れてしまいます。

 

腸内細菌のバランスが崩れると様々な体の不調が現れます。

例えば、ニキビができるようになったり、肌荒れが起きやすくなったりします。

 

これらは、子供のうちにはあまり表れないかもしれませんが、

アレルギーになりやすくなるなど症状も腸内細菌叢の悪化によって引き起こされます。

 

アイスの食べ過ぎはこれらの悪影響があるため気をつけましょう。

 

お腹に優しく効いてくれるといえばこれ!
気づいた時に、買っておいた方がいいかも?常備薬として持ち歩くのもありですね。

【第2類医薬品】 ビオフェルミン下痢止め (30錠) 腹痛を伴う下痢・食あたり

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です