【プール学習】泳げないなら、こんなグッズでしっかり練習!

幼稚園や学校のプール学習も、北海道や東北などの一部を除けば、9月もま だ続きます。 また夏休みの課題としての毎日のプール通いや補修授業の成果を、新学期にテストするところも多いようです。 残り少ない夏休み、まだ泳げないなら、何かグッズを用いて、親子で対策&練習を急ぎたいところで す。 実は親が考えているほど、幼稚園や学校での水泳指導の時間というのは多くはなく、 非常に込み合うことから、狭すぎて十分に練習できないことで、伸び悩むことも多いようです。

プールで泳ぐ男の子

幼稚園や学校のプール学習も、北海道や東北などの一部を除けば、9月もま だ続きます。

 

また夏休みの課題としての毎日のプール通いや補修授業成果を、新学期にテストするところも多いようです。

残り少ない夏休み、まだ泳げないなら、何かグッズを用いて、親子で対策&練習を急ぎたいところで す。

 

【これで25メートル泳げる!子どもに水泳を教える本 パパ!ママ!教えて!】

休み中だからこそできる、練習環境を生かして、親子で泳ぎを学ぶならこちらの本がオススメです。

これで25メートル泳げる!子どもに水泳を教える本 パパ!ママ!教えて!

 

こちらの本は親から子への、水泳指導に自信が持てる1冊です。

こどもの水泳では、万が一おぼれたときが過剰心配で、手足がすくんでしまい動かせないという子も多いようです。

 

【子供の命を守る泳力を保証する先生と親の万能型水泳指導プログラム】

子供の命を守る泳力を保証する先生と親の万能型水泳指導プログラム

では、最低限の泳力にかかる部分を重点的に教えるための方法がたくさん。

 

これで自信をつけてから四泳法に取り組めば、子供もぐんぐん成長しそうです。

まだ浮くことができない、また浮いても水への恐怖が大きいという幼稚園や低学年は多いようです。

 

 

【インテックス エアービート板】

しっかりとボディを包むように浮きながら、水の中は透明パネルでしっかり覗ける

インテックス エアービート板】は、4歳児から使用できます。

 

プールの中や水辺での深さに伴った、水特有の見た目などに慣れるまで、十分使えるアイテムです。

子供の場合、大人と違い内臓の各部の重量バランス、脂肪などの比率や分散などのためなかなか

ボディが浮きにくい事も多いようです。

【レオパイ】

安定しない浮きのために泳げないなら、こうした浮き輪を使いながら、徐々に姿勢を矯正していくのもおススメ。

2〜6歳まで使える【レオパイ】は眼鏡型の浮き袋。

 

上に乗っても、ライフジャケット型に着込んでも使えるので、成長段階や習得フォームにあわせて使用できます。

 

【スイムフィン】

これまで、水に浮くためのグッズといえば、両手でつかむビート板浮き輪などが主流でしたが、

ある程度、浮くことができるうえで泳ぐ姿勢に自信がないなら、このサメの背中型の【スイムフィン】がおススメ。

 

ボディをしっかりと科学して、両手が自由に動かせながら浮力サポートしてくれるので、

だれでも手足や体の動きから、泳ぎがぐんぐん身につきます。

平泳ぎをする男性のイラスト

いかがでしたか?
他にも思春期を迎えつつある高学年のお子さんを中心に、水着に着替えたときの露出が心配で

思い切り泳げないということもあるようです。

ジャージのように、肌をおおきくカバーできるスイムウェアもあり、こうしたものを用意することで

手足をおおきく動かしての授業参加も不安なく行えそうです。

また、DVDで子供が出演しながら教える各泳法作品などもあり、わかりにくい部分を泳ぎ方に生かしやすい点が人気です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です