楽しく正しく身につけたいお箸の持ち方!

大人になっても正しくお箸を持てない人は少しがっかりされる...なんてこともあるお箸の持ち方。「正しいお箸の持ち方」を楽しくお子さんと練習できる方法をご紹介します。

お箸

みなさんは「お箸」のはじまりを知っていますか?

お箸は紀元前300年の弥生時代に、アジアで生まれました。

 

当たり前のように毎日の食事で使用するお箸は、こんなにこんなに古くから使われていたのです!

そんなお箸ですが…大人になっても正しく持てない!という人が日本でも増えてきているそうです。

 

大人になっても正しくお箸を持てない人は少しがっかりされる…なんてこともあるお箸の持ち方。
子どものころに正しいお箸の持ち方を教えたいけれど、なかなか上手くいかない。。。
と、お悩みのお母さんに「正しいお箸の持ち方」を楽しくお子さんと練習できる方法をご紹介します。

 

お箸の正しい持ち方。

 

みなさんは、正しいお箸の持ち方を知っていますか?
実は…きれいにお箸が持てない、使えない、というお母さんも少なからずいらっしゃるのでは?

まず、はじめに、正しいお箸の持ち方をご紹介します。

 

お箸の持ち方

出典:http://kokusai-hashibunka.or.jp/contents/mochikata.html

 

お箸は上下をうごかすのではなく、上のお箸だけ動かします。

 

下のお箸は動かさないようにして、上のお箸は親指を支点にして、人さし指と中指ではさむようにして上下に動かします。

出典:http://www.hashikyu.com/motikata.html

 

そして、下のお箸は薬指の第一関節と親指の付け根に置いて固定します。

お箸

出典:http://beautyhealthy.web.fc2.com/hasinomotikata.html

正しい箸の使い方は、二本の箸の両方を動かすのではなく「下の箸はしっかり固定し、上の箸を動かす」ことです。

出典:http://beautyhealthy.web.fc2.com/hasinomotikata.html

 

正しいお箸の持ち方はわかりましたか?
では、さっそく練習方法をみてみましょう。

 

練習方法

お箸の正しい持ち方

出典:http://kokusai-hashibunka.or.jp/contents/mochikata.html

 

お子さんにお箸の持ち方を教える場合、まずは1本からはじめてみましょう。

 

①上の箸
鉛筆を持つように、親指と人差し指、中指で1本のお箸を持ちます。
そして、数字の1を書くつもりで、お箸を上下に動かします。

<<ポイント>>
親指は添えるだけ!
人差し指と中指を少し曲げるように動かします。

 

②下の箸
親指と人差し指の付け根のところで挟み、薬指の第一関節あたりにのせ、固定します。

<<ポイント>>
下のお箸はとにかく固定!
2本もっても動かさないことが基本です。

 

③2本の箸
2本のお箸の先を揃え、箸先をカチカチと合わせます。

 

下のお箸は動かさないようにして、上のお箸は親指を支点にして、
人さし指と中指ではさむようにして上下に動かします。

出典:http://www.hashikyu.com/motikata.html

 

この練習を行うことで、正しいお箸の持ち方を覚えることができます。

 

お箸のサイズ

 

練習することも大切ですが、自分にあったお箸を持つことで、よりお箸が使いやすくなります。

サイズの合わないお箸を使っていては、正しい使い方や持ち方を覚えることはできません。成長にあわせて、手に合うお箸を選んであげましょう。

出典:http://www.hyozaemon.co.jp/contents/html/product_03_01.html

 

▼測り方
親指と人差し指を広げ、その両指を結んだ距離の1.5倍の長さと言われています。

 

お箸

出典:http://www.hyozaemon.co.jp/contents/html/product_03_01.html

 

お箸

出典:http://www.hashikyu.com/motikata.html

 

食事のときに自分の手の代わりとなるお箸は、お子さんが使いやすいサイズを成長とともに合わせて選んでいきましょう。
お箸が使いやすくなると、練習もはかどるかもしれませんね!

 

便利グッズ紹介~エジソンのお箸~

 

お箸の練習をしてくれない…というお子さんには、トレーニングのきっかけとして「エジソンのお箸」を使ってみましょう!

エジソンのお箸とは、正しいお箸の持ち方のガイドが付いているお箸です。

 

お食事をしながらお箸の正しい持ち方を覚えることができます。人体工学に基づいた設計で、お箸を初めて使うお子様でも上手に使うことができます。

出典:http://www.doctorpeople.jp/goods/hasi_one.php

 

キャラクターが付いた可愛いデザインのお箸もあるので、お箸をもつきっかけには最適です!
ただし、使用しすぎると、ふつうのお箸をもてない!なんてことにもなるので、あくまできっかけとして使用し、慣れてきたらふつうのお箸を使いましょう!

 

美しいお箸の持ち方。

お箸

お子さんにお箸の正しい持ち方を教えながら、ぜひ、お母さんお父さんのお箸の持ち方も見直してみましょう!

もしかしたら、お子さんと一緒に正しいお箸の持ち方を手に入れるチャンスなのかもしれませんね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です