スポーツではコミュニケーション能力向上や人間としての成長が期待できる!

最近の子供たちはストレスに弱いです。 それはあまり怒られる機会が無いからだと感じます。怒られる事は決して悪い事では無いです。 子供は間違いをするもの。それを訂正してあげるのが大人の役目です。 今回は、『少年野球』を例にお話しさせていただきますが その他全てのスポーツがどのように子供に影響があるのかお伝えいたします。

選手宣誓のイラスト

最近の子供たちはストレスに弱いです。

それはあまり怒られる機会が無いからだと感じます。怒られる事は決して悪い事では無いです。

子供は間違いをするもの。それを訂正してあげるのが大人の役目です。

 

今回は、『少年野球』を例にお話しさせていただきますが

その他全てのスポーツがどのように子供に影響があるのかお伝えいたします。

 

少年野球ではコミュニケーション能力を育める!

喜んでいる野球チーム

少年野球やスポーツクラブに入る事によって「コミュニケーション能力」が育まれます。

例えば、野球は1人で行うスポーツではなくチームでプレイするもの。

そしてチームには同級生もいますし先輩後輩もいます。

 

普通の子供たちは仲の良い同級生とばかり遊びがちですが、それではコミュニケーション能力は育まれません。

先輩に対してはキチンと敬語を使ったり、後輩に対しては頼りになる先輩として努力する。

 

これを行う事によって、年齢が違う相手ともコミュニケーションが取れるようになるので、

子供のその後の人生にかなり役立ってきます。この経験によって、いわゆる「世渡り上手」になれるので、

人間関係のトラブルも起こりづらくなります。

 

また、少年野球のチームには色々な性格な子がいます。

 

強気な性格の子もいますし、弱気な性格の子もいます。

もしかしたら、性格が悪い子もいるかもしれないです。

 

野球で勝つにはチームワークが重要。

 

いかにして、

性格が合わない子たちと仲良くなるかも少年野球をはじめ、その他スポーツでは学ぶことが出来ます。

このように、少年野球やスポーツでは年齢も違って性格も違う人達といかにして上手く接していくかも学ぶことが出来ます。

 

 

監督がしっかとした人間教育をしてくれる!

 

怖い監督のイラスト

 

少年野球やスポーツクラブの監督は怖い人が多いです。

 

 

しかし、今の時代では怖い監督がいた方がありがたいとお考え下さい。

最近の子供達は、怒られるという経験が少なくストレス耐性が弱い子供が多いように感じます。

 

学校の先生も色々なしがらみから、子供を怒りづらくなっています。

子供たちも、それを知ってか知らずか悪さをたくさんしてしまいます。

 

そうなると良し悪しが分からない大人に子供はどんどん成長してしまいます

 

その点、少年野球の監督や、スポーツクラブの監督は

「しっかりやれー!」「プレーをサボるな!」などと学校では言われないような

厳しい言葉を言ってくれます。

 

元読売ジャイアンツの仁志さんは小学生の、野球日本代表監督をやっているのですが、

ある試合の時に寝坊をしてきた7人の子供たちを、罰として試合に出させないという決断をしました。

仁志さんからすると「勝つ事よりも人間教育が大事」という事だったらしいのですが、

この意見は世界でも絶賛されていました。

 

 

少年野球をはじめスポーツを行う事によって物の大切が分かる!

 

靴磨き職人のイラスト

例えば、野球を行うにはたくさんの道具が必要になってきます。

パっと挙げるだけでも「ユニフォーム」「バット」「グローブ」「ボール」「アンダーシャツ」

「スパイク」「ジャンパー」などかなりの数がいります。

 

これらの道具は決して値段が安いわけでは無いです。

ユニフォームは大体1万円はかかりますし、グローブも数千円から数万円はします。

なので、子供は「せっかくお父さんとお母さんが買ってくれたんだから大切に使おう」という気持ちが芽生えてきます。

そしてバットグローブなどは使っていく内に愛着が湧いてくるので、物の大切さも分かってきます。

 

メジャーリーガーのイチロー選手でも、野球道具の手入れは自分でしっかりしているほどです。

一流の選手は必ず物や道具を大切にしています。

 

 

少年野球をはじめスポーツを行う事で身体能力が向上する!

マラソンのランナー

例えば、野球はかなり体のあらゆる部分を使います。

バットを振る時はを使いますし、守備をする時はボールを追いかけるのでも使います。

速い球を打つときは目を使うので動体視力も大事になってきます。

 

なので、体のあらゆる部分を使い鍛えることが出来るのです。

そして、運動神経小学校高学年頃から発達していくので、この時期に野球やその他スポーツを行う事によって、

運動神経が良くなってスポーツが大好きになっていきます

 

スポーツが、上手くなっていくことはやはり子供にとってみると楽しいものです。

なので、運動神経発達する小学校高学年の頃に野球やその他スポーツをやり始めるのは、とてもオススメです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です