みんな大好きはちみつの驚くべき効果とは

みんな大好き甘くておいしいハチミツ。しかし、ハチミツには意外な効果があった?今回はそんなハチミツについてご紹介します。

はちみつ

「ミツバチは世界を救う」という記事でもご紹介させて頂きました…はちみつです!

 

今回は、そんなミツバチがつくるハチミツについてスポットを当ててみました。

 

とろ~り甘くておいしいハチミツの知られざる効果について、ご紹介していきたいと思います!

 

 

はちみつの驚くべき効果

 

はちみつ

出典:https://192abc.com/57247

 

ハチミツは自然界の中で最も甘い蜜といわれいます。

8割が糖分、2割が水分によって構成されており、ビタミン・ミネラルといった栄養素を含んでいます。

 

そんなハチミツを人は昔より食用・薬用など様々な用途に用いていきました。

 

では、そんな甘くておいしいハチミツがどんな効果があるのでしょうか。

 

①脳の発育を促進

 

子供

 

先ほど説明した通り、ハチミツはブドウ糖・果糖・ビタミン類・ミネラルを含んでいます。

 

これらは全て脳の活性化に必要な成分なんです。

 

脳を動かしているエネルギーは糖分なので、お子様の勉強などで考え事が多かったりした時にハチミツをおススメします。

ハチミツの糖分が脳を素早く元気にしてくれるので、脳の働きが良くなると言われています。

 

 

②疲労回復

 

疲れている子供

 

疲れた体に素早くエネルギーを循環させる働きがあります。

 

糖分とブドウ糖は体の中で分解されないのでそのまま栄養として吸収されます。

つまり、細かく分解する必要がないので、素早い疲労回復が期待できるのです。

 

運動の後や仕事で疲れた時にはもってこいの食品なのです!

 

 

③抗菌作用

 

風邪

 

お子様が咳が止まらない時はぜひ、ハチミツはどうでしょう。

 

ハチミツには強い抗菌作用があり、特に呼吸器系の細菌増殖を抑制する働きがあるといわれています。

 

ハチミツをそのまま舐める、スプーン一杯程度のハチミツをぬるま湯に溶かして飲むという方法もおすすめですよ。

 

 

おススメしたいハチミツの使いかた。

 

◆ハニーホットミルク

ハニーホットミルク

出典:http://www.1183.co.jp/blog/はちみつホットミルク/

 

みなさん、すでにご存じかと思います。

温めた牛乳にハチミツをいれてまぜるだけ!

 

牛乳に含まれるトリプトファンが安眠効果をもたらし

ハチミツに含まれるブドウ糖がより効果を高めます。

 

眠れない夜のお供にぜひおためしを!

 

 

赤ちゃんにハチミツはだめ!

 

赤ちゃん

 

厚生労働省の離乳食の資料には「ハチミツは少児ボツリヌス症予防のため満1歳まで使わない」と記載されています。

乳児ボツリヌス菌を発症しやすい時期は、主に生後3週間~6ヶ月の乳児といわれています。

腸内環境が整うのが1歳ごろになりますので、そのころにはボツリヌス症を発症することはなくなっています。

 

【ボツリヌス症】

ボツリヌス菌による食中毒と同様に、神経系に影響をあたえるのが特徴です。

身体の筋力が低下して顔が無表情になったり手足や首を支えられなくなるといった症状が現れます。

さらに症状が進むと、呼吸系の神経が影響を受けて、呼吸不全に陥る危険性もあります。

その他には、便秘が続く、おっぱいを飲む力が弱くなる、泣き声が小さくなるといった症状も現れます。

出典:https://192abc.com/40096

 

 

ハチミツについて今回ご紹介しましたが、知らなかった事実も多いのではないのでしょうか。

 

こどもはもちろん、おとなにもおススメできる食品です!

ぜひ、試してみてくださいね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です