子供の熱中症対策

夏といえば海やプールといったレジャーやお出かけも増えて、心配になるのが熱中症だと思います。毎年熱中症で倒れる方のニュースもあり、こどもたちの熱中症は親である私たちが気を付けなければいけません。 今回は熱中症を予防するための方法をご紹介していきます。


サムネイル_1

熱中症とは

人の体は、37度以下で一定にコントロールされています。暑さや、運動によって体内で熱がつくり出されると、体温が一定に保てなくなり、どんどん体温が上昇します。この状態が続くことが熱中症です。その結果、意識障害やけいれん、頭痛、めまい、手足のしびれ、筋肉の痛み、血圧低下、肝臓や腎臓の障害などの症状が起こり、ひどい場合は、死に至ることもあります。

こどもが熱中症にかかりやすいワケ

サムネイル_2

・こどもは体温を調節する機能が大人に比べて未発達です。こどもは上手く汗をかけません。
・全身に占める水分の割合が大人より高いため、外気温の影響を受けやすくなっています。
・地面の近くはより高温となるため身長の低い子供の方がより熱を感じやすい。
以上のような特徴から、小さなこどもほど熱中症になりやすいのです。

こどもの熱中症対策

サムネイル_2

(1)普段からの体調管理
栄養バランスの取れた食事と十分な睡眠で、体力づくりが重要です。体の免疫力が下がっていると、熱中症にかかりやすくなります。

(2)顔色・汗のかき方を観察
赤い顔や大量の汗をかいているのは、熱中症のサイン。
涼しい場所で十分な休息をとりましょう。

(3)こまめな水分補給を!
利尿作用の少ない「麦茶」や「そば茶」がおすすめ。スポーツドリンクや、体への吸収が早い経口補水液も有効です。緑茶には、利尿作用があり、摂取した以上に水分が失われる可能性があります。

(4)日頃から暑さに慣れさせる
日頃から適度に外遊びをして、暑さに慣れておくと、上手に体温を放散することができ、熱中症を防ぐことができます。

(5)服装で予防!
直射日光から守る帽子の着用はもちろん、衣服にも熱中症を予防できるものがあります。着衣が汗で肌にくっつくと、汗の蒸発を妨げ放熱の邪魔になるので、速乾性の高いインナーがおすすめです。

起こってしまったときは?

・軽いめまいや頭痛がある場合、軽い熱中症の可能性があります。衣類を緩め、涼しいところ に頭を低くした状態で寝かせます。塩分・糖分が含まれたイオン飲料を、こまめに少しずつ 飲ませましょう。

・全身がだるそう、意識がはっきりしないなどの症状がみられたら、「熱疲労」かも知れません。 重症化しないための処置が必要です。イオン飲料をこまめに少しずつ与えながら、冷たいぬれタオルで拭く・風を送る・クーラーの効いた部屋に寝かせるなど積極的に体を冷やすよう にしましょう。同時に病院を受診する準備をしましょう。

・40℃を超える体温、意識障害やけいれん、汗が出なくなるなどの症状がみられる場合、生命 の危険がある「熱射病」の恐れがあります。119番通報し、救急車を呼びましょう。到着を待っている間も体を冷やし続けることが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です