グローバルな人材へ!中学生に向けてstep up!!

子どもたちの世代には英語の力がますます必要になります。小学校での英語教育も必修化されてずいぶん経ちますが、あいかわらず中学生以上になると「英語が苦手」と答える子が多いようです。

グローバル

グローバル化がすすんで、子どもたちの世代には英語の力がますます必要になります。

小学校での英語教育も必修化されてずいぶん経ちますが、あいかわらず中学生以上になると「英語が苦手」と答える子が多いようです。

 

いったいこれは、なぜなんでしょう?

 

今回はその理由と、解決方法をみていきましょう。

 

小学生のうちは英語大好き!でも中学生になると……

英語

2011年度から、小学校5、6年生の英語が必修化されました。

子どもたちは英語のあいさつや歌を聴いたり、ゲームをしたり、グループで会話しあったりと、楽しんで英語にふれるようになりました。

 

おかげで「英語がおもしろい」「英語の勉強は好き」と答える小学生も多くなりました。

でもいっぽうで、中学生以上になると「英語の勉強が好き」と答える子どもはグンと少なくなります。

教育

「英語はきらいだ」「どうやって勉強したらいいかわからない」。

こんな思いはわたしたちの頃と変わっていませんね。

 

小学校でたくさん英語にふれるようになったのに、なぜ日本の中学生は英語が苦手なままなのでしょう?

じつは、小学校と中学校で学ぶ英語に、おおきな差があることが原因なのです。

 

英語の「読む」「書く」が中心になるから、中学校でつまずいてしまう

英語

いまの小学校英語は「聴く」と「話す」が中心の勉強です。

これが中学校になると、急に「読む」と「書く」が中心に変わります。

 

単語をおぼえたり、文法をマスターしたりして、中学生はたくさんの英語を読み書きしなければいけません。

この「読む」「書く」力が小学生のうちに身についていないので、多くの子どもたちがつまずいてしまうのですね。

読む

じっさい、小学校低学年まで海外で暮らしていても、中学・高校とあがるうちに英語のできなくなる子がよくいます。

いくら英語をたくさん聴いて、話していても、読み書きの力とはまったく別なんです。

 

だから、中学の英語でこまらないためには、小学生のうちから英語の読み書きも練習することが大切です。

 

こんどの指導要領改訂も読み書きの力をつけるため

2020年度から、小学校英語の指導要領が改訂されます。

2018年度からはこの移行措置がはじまります。

 

じつはこの改訂の目的は、小学生のうちに読み書きの力まで身につけさせることにあるんです。

 

いま5、6年生でおこなっている「聴く」「話す」中心の授業は3、4年生に前倒しされます。

そして5、6年生では、教科書がくばられて、「読む」と「書く」勉強が加わることになります。

書く

小学生のうちから英語の文章に親しんでもらって、中学以降も英語のできる子どもを増やそうとしているんですね。

 

でも、はじまるまでにはまだ時間がありますし、なにより、おうちで英語の読み書きの練習ができればもっといいですよね。

そこで、ご家庭でかんたんにできる練習の工夫を紹介しましょう。

 

英語の読み書きの力をつけるために、おウチでできる3つのこと

おうちでの練習のポイントは、音と英文をあわせてふれさせることです。

 

①英語の絵本読み聞かせ

絵本

たとえば英語の絵本。

絵が多くって、文がすくない、かんたんなものでかまいません。

日本語の絵本とおなじように、読み聞かせしてあげましょう。

 

②海外のアニメ

アニメ

また海外のアニメもおススメです。

とくに子どもが好きで何回も観ているアニメがあったら、英語音声と日本語字幕で観たあとに、英語音声と英語字幕で観てもいいでしょう。

 

③英語の歌詞カード

英語の歌詞カードも効果的です。

 

さいしょはアルファベットの歌など、かんたんなものの歌詞をわたすといいでしょう。

そして子どもがもっとほしがったら、親の好きな洋楽をわたしてもかまいません。

 

音と英文を組み合わせて、ご家庭でたくさんふれさせてあげてください。

 

お子さまが中学・高校とすすんでも「英語なんてキライ」にならないように、小学生のうちから英語の「読む」力「書く」力を身につけさせてあげましょう。

英語

ただし、はじめから英語のテキストを渡しても、子どもは興味をもちません。

まずは絵本やアニメなど、楽しみながら英語の文に親しませてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です