なんで目は悪くなるの?目が見える仕組みと気をつけるべき斜視とは

お子さんが急に視力を落としてしまうこと、ありますよね。見えなくなってしまう原因と、すこしでも回復するにはどうしたら良いかご紹介します♪

「目が見えなくなってきた!」

「目がぼやけて嫌だよ〜」

 

初めて視力が落ちてきた子供に言われたことはありませんか?

ゲーム機やスマートフォンなど、目に悪いものがあふれている世の中です。

目が悪くなるとはそもそも何なのか、どうやったら回復させることができるのか一緒に考えていきましょう〜!

 

そもそも目って何で見えているの?

引用:https://kids.gakken.co.jp/kagaku/110ban/text/1049.html

 

目は大きく分けると、「水晶体」と呼ばれるレンズと網膜と呼ばれるフィルムでできています。

レンズでピントを合わせて、フィルムに写すことで、その信号が脳に伝達され、ものが見えている状態になるんですね!

 

 

目が悪くなるってどういうこと?

目が悪くなるのには、実は二種類あるってご存知でしたか?

①近視or遠視になる

引用:https://www.ishamachi.com/?p=9165

 

先ほど説明した水晶体=レンズが、網膜=フィルムに結ぶピントが、手前になりすぎていることを近視と言います。

お子さんの目が悪くなる原因の多くはこの近視です。

もう一つが遠視です。遠視は、近視と逆に網膜の外側でピントを結んでしまっている場合に起きます。

 

遠視の場合、近視よりも調節が大変なので、目が疲れてしまいやすい傾向があります。

 

②乱視になる

もう一つが、乱視です。

 乱視は角膜や水晶体の屈折力がバラバラのため、一点で像を結ぶことができません。つまり乱視はどこにもピントが合っていない目だといえます。そこに近視や遠視も加わってしまうと、さらに見にくくなってしまうのはいうまでもありません。

引用:https://www.ishamachi.com/?p=9165

 

遠くにも、近くにもピンとが合わなくなると乱視と呼ばれる症状症状になります。

乱視になると視力矯正が難しくなるため、お子さんの目が乱視であるかは、こまめにチェックしたほうがよさそうです!

 

最も気をつけるべき斜視?

目が悪くなることとは少しずれますが、斜視も子供が気をつけるべき症状です!

近年VR(バーチャルリアリティ)と呼ばれる機器が登場し、 小さな子供が装着した際に斜視となってしまう事例が報告されています…。

 

 子供に与えるものにも気をつけたいですね…。

 

いかがでしたでしょうか?

一言で目が悪くなるといっても様々な種類が存在するんですね!

子供が目に不調を訴えたら、まずお医者さんにしっかりと見てもらいましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です