かつては日本も9月だった・・?日本と世界の入学式!

そろそろ梅が満開になり、卒園・卒業を迎えたらもうすぐ入学式。 日本では4月になると桜舞い散る中の入学式が定番ですが、それって世界共通なんでしょうか? 日本を飛び出すと、常識や感覚の違いに驚くことが多々あります。 今回は、世界と日本の入学式の違いを紹介いたします。

サムネイル

 

4月の入学式は日本だけ?4月入学の意外な理由

サムネイル

海外ドラマや洋画が好きな方はご存知かもしれませんが、欧米では9月に入学するのが一般的です。

 

タイやシンガポールなどのアジア諸国でも、時期は違えど、長期休みの後に進級するのが世界の共通のようです。
では、何故日本だけ4月なんでしょうか?

 

日本では、はるか昔、今の学校に当たる「寺子屋」がありました。
寺子屋では、特に区切りなく好きな時に入学できました。
でも明治に入り、欧米文化が入ってきたことにより、高等学校では9月入学が一般化されていきました。

 

そうです、

日本も昔は欧米と同様9月が入学

だったんですね。
しかし、富国強兵制度が始まったことにより、おそらく入隊時期と調整するため3月で卒業することになったのが、4月入学の始まりです。

 

今では当たり前の常識ですが、まさかそんな風に変わったなんて驚きですよね。

他の国の入学式はどんななの?

サムネイル

ちなみに、入学式というイベント自体も日本特有です。

他の国では、ただの入学初日なだけで、特に入学式という式典はほとんどありません

 

ほとんどの国では、生徒が集まってガイダンスを受けることはあっても、日本のようにみんなおめかししたり、親が来るようなことはありません。
入学初日から授業が始まる国もあるようです。
例えば、日本のように小・中・高と区切られていないアメリカでは、1年生から12年生までの進級式という感覚の方が正しいのか、特別感があまりないようです。

 

その分アメリカでは、特に高校の卒業式にかなり力を入れていて、卒業証書授与式では名前が呼ばれるたびに家族から歓声が起こったり、表では屋台が出てたり・・完全にお祭り状態。

 

日本のように、ただ校長先生の有難いお話を聞かされるような式ではなく、新しい始まりとして、とても盛大で大切に催されています。

まとめ

サムネイル

いかがでしたか?

 

もうすぐやってくる入学式。日本と海外の違いを意識しながら出席すると楽しいかもしれませんよ。
是非軽い気持ちで新年度をスタートしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です