草食動物の筋肉はなぜムキムキ?肉食と草食の不思議【草食動物編】

肉食動物と草食動物の不思議!【草食動物編】 なぜ草ばかり食べていて栄養が偏らないのか、お話していきたいと思います。

「肉食動物と草食動物の不思議!栄養は偏らないの?」第2回では、草食動物の栄養摂取法のなぞについてお話していきたいと思います。

↓ 前回記事はこちら

 

20160707153437 (1)

筋肉を作る原料はタンパク質。

たんぱく質を分解させたものがアミノ酸となるため、良質なアミノ酸を摂ることが重要。とくに必須アミノ酸は、必ず食事などから摂取する必要があります。

引用:http://www.h3.dion.ne.jp/~toomo/html/amino.html

たしかに、地球上でもっとも力の強い動物といわれているゾウや、たくましい筋肉の馬・ゴリラも草食動物ですね。

草食動物の場合、植物ばかり食べていて身体は丈夫なんでしょうか?

 

草食動物の筋肉のナゾ

gorilla-205573_1280

ゴリラの主食がリンゴなど果物が中心なのに、体は筋肉ムキムキなのって気になりませんか?

 

バナナはアミノ酸が豊富。たんぱく質を摂取するために肉を食べる必要はありません。たんぱく質はアミノ酸から構成されていますから、大切なのはアミノ酸を摂取することです。

引用:http://b-chive.com/natural-hygiene2/

 

草食動物の体内のヒミツ

bacteria-1477522_1280

秘密は草食動物の体内に住んでいる「微生物の力」にあります。

 

草食動物の胃や腸には植物性の栄養から必須アミノ酸を作り出す力を持った微生物が住んでいて、草食動物はこの微生物たちを自分自身の体の中で「飼育」しつつ、その一部を消化することで必須アミノ酸を取り込んでいるというわけです。

引用:http://plaza.rakuten.co.jp/efficacy/diary/200611040000/

 

つまり、強靭な筋肉ができる!ということです。

草食動物のほとんどは植物体の主要な成分であるセルロースを分解する消化酵素(セルラーゼ)をもたないが,消化管内にすむ微生物の働きによってセルロースを栄養として利用できる。

引用:https://kotobank.jp/word/%E5%85%B1%E7%94%9F%E6%A0%84%E9%A4%8A-1159318

微生物の力で、栄養もしっかり摂れているんですね。

 

いかがでしたでしょうか?

肉食動物・草食動物の体の機能に合わせた食事法はおもしろいですね!

今度お子さんと動物園に行く時は、動物たちがどんなものを食べている、かよく観察してみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です