【募金活動】地域や社会に、募金がどうやって貢献するかをトータルに学ぶチャンス!

赤い羽根共同募金を、幼稚園や学校で取り組む地域ボランティアとして据える所は多いようです。 ですが子供には、お金を集める行為の中の、呼びかける部分以外は どういったきっかけで誕生し、どういった仕組みで運用され、どういった用途に使われて、 人にどう受け入れられているかという辺りは、理解しづらいようです。

募金箱を持った子供たちのイラスト

赤い羽根共同募金を、幼稚園や学校で取り組む地域ボランティアとして据える所は多いようです。

 

ですが子供には、お金を集める行為の中の、呼びかける部分以外は

どういったきっかけで誕生し、どういった仕組みで運用され、どういった用途に使われて、

人にどう受け入れられているかという辺りは、理解しづらいようです。

 

募金の種類

たとえば、募金にも多数の種類があり、人の集まる場所で募金を呼びかける「街頭募金」、

学校で児童やその家族を対象にした「学校募金」。

 

バザーや演奏会などを企画してその収益などを募金とする「イベント募金」などがあります。

また学校イベントなどのときに、募金箱を設置し控えめに行うものも「学校募金」や「イベント募金」にあたります。

 

慈善活動のあり方

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あゆみの箱 芸能人が始めたボランティア [ 野田洋典 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/8/31時点)

 

現在ではすっかり有名な存在となった、障害者援助の募金活動をまとめた本

こうした集めたお金の使途や運営する団体による区分などもあり、

全国緑化のための「緑の羽根」、災害時義援金や医療関連などの募金窓口として多数運営されている「赤十字募金」、

また自治体や企業、店舗などが店頭や広報を通じて行っている「災害義援金その他」などがあります。

 

 

多くは集めた募金額を適正に運用していますが、一時、その使途があまりにも不透明で、

社会問題となったことも有りました。

 

書籍「こんな募金箱に寄付してはいけない」では、

こうした不適切募金を見分けるあらゆるしなやかさを教えてくれる1冊。

 

募金箱の見せ方

学校などで行う、ボランティア組織運営の透明性やその見せ方などにもつながりそう。

学芸会など多く人の集まるときに、子どもたちを自主的に、ボランティア手法を学ばせるため、募金活動組織をつくり、

呼びかけや運営などを教諭と一緒に行うといった社会的実習も多いようです。

 

 

見た目の演出では、その透明性を示し、わかりやすい設定目標クリアするため、

アイコンとなる募金箱はしっかりと施錠され、現在高がわかりやすいクリアタイプの募金箱がオススメ。

 

ほかにも、一定以上の金額設定を行い、その額を超えている人に対して、

赤い羽根募金の羽のように、募金協力者であることを示しながら、記念品のようなものを進呈するタイプなども、

イベントでの募金の広報上では有効です。

 

 

幅広く募金活動を宣伝する

こちらは、手書きや印刷の紙を挟み込むだけでオリジナルのピンズが作れるキット。

幼稚園や学校の「その年のイベント限定デザイン」などをつくることで、広く来訪者に募金を促すことができそうです。

 

 

他にもイベント限定で好評なのが、テレビ番組にもあるように、

募金などのスタッフ側と、募金者が同じデザインで、その活動を記念し共有できるオリジナルTシャツやリストバンド。

とくにTシャツは、高齢者も含め人気です。

 

お金のイラスト

 

まとめ

募金とはそもそもが寄付を促す活動ですが、この寄付自体、

海外では、記名制減税など、その他のメリットの有る公益活動の広告的な意味合いも多いものでもありますが、

逆に日本では、無記名名前が表に出ないことを条件とする人が多いといった違いもあります。

 

もともと日本では、古来より祭りや寺社仏閣などで神の代理人にさまざまな捧げ物を行う風習が

広く根付いているせいもあり、こうした違いが生まれているという説もあります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です