何でもかんでも捨てないで!災害時の救護法

万が一に備えて、家族人数に応じた震災グッズの備蓄はしていますか?震災時に役に立つ身のまわり品の紹介をします。

今年度の国土交通省が発表している「災害・防災情報」です。

 

 

2011年に東日本大震災、また今年は熊本地震など、近年頻発する自然災害への恐怖や不安をいだいている方も多いのではないでしょうか?

20160617160157

引用:http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20160416_2

 

ところで、みなさん防災対策はしていますか?

 

万が一の災害時の備え

 

実際に防災対策をしているという方も多くなってきていると思うのですが、果たして用意してある量で足りるのでしょうか?

 

大災害発生時、人命救助のリミットが72時間(3日)と言われています。また、都市で大地震が起きた際は広範囲に火災が起きると想定されています。

引用:http://www.bousai.metro.tokyo.jp/kitaku_portal/1000672/1000731.html

 

東京都防災ホームページ  “防災ブック「東京防災」” より

- 4人家族構成(夫婦・乳幼児・高齢女性)のケース -

 

20160617173155

引用:www.bousai.metro.tokyo.jp

 

防災ブック「東京防災」

 

20160617171116

引用:http://www.bousai.metro.tokyo.jp/book/index.html

 

東京都民には配布(2015年9月1日配布)されていますが、東京都以外の方も書店や東急ハンズで購入可能です。(1冊税込140円)

⇒くわしくはこちら

 

新聞紙とサイズの違うビニール袋はマストアイテム!

20160617175604

引用:http://www.bousai.metro.tokyo.jp/book/index.html

 

足場が悪い場合

20160617160741

引用:http://www.bousai.metro.tokyo.jp/book/index.html

 

赤ちゃんがいる家庭の場合

 

20160617175944

引用:http://www.bousai.metro.tokyo.jp/book/index.html

 

こんな使い方アリ!? 破れたストッキングの活用方法

 

20160617180746

引用:http://www.bousai.metro.tokyo.jp/book/index.html

 

災害時に身のまわりの日用品がこんなにも役立つなんて、目からウロコですね。

簡単なケガの処置や日用品の代用であれば、これらの方法で第一処置としては十分です。

 

心肺蘇生が必要な場合の対処法

 

aed_ph001

引用:http://www.aed-life.com/nihonkohden/products/aed3100.html

 

Q. AEDの操作には資格が必要ですか?

⇒ A. 一般の方がご使用される際は資格は必要ありません。近くに医師がいない場合に使用できます。

引用:http://www.jhf.or.jp/aed/index.html#faq001

 

でも、やっぱりいきなり本番は心配…という方も大丈夫!

 

各都道府県でも、AEDの資格講習を資格のレベルに沿って行っています。

 

小学校高学年から取得できるので、親子で一緒にAEDの資格を取ってみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です