親子で学ぼう!防犯標語の「いかのおすし」!

皆さん「いかのおすし」って聞いたことがありますか?私も先日子どもが持ち帰ったチラシで初めて知ったのですが、気になったので調べてみることにしました。 防犯標語の「いかのおすし」は今や全国各地に広がっているそうです。私が子どもの頃は、防災標語の「おかしも」なんかが主流でしたが、今の子どもたちは防犯標語も教わっているみたいですね。 今回は、「いかのおすし」とは一体どういったものなのかをご紹介したいと思います。


サムネイル_いかのすし

「いかのおすし」のはじまりについて

「いかのおすし」は2004年に学校侵入事件をきっかけに、「こどもたちの心に残るインパクトのある防犯標語」として、警視庁少年育成課と東京都教育庁指導企画課が考えたそうです。

たしかに「いかのおすし」一度聞いたら忘れられそうもありませんね。さて、肝心の中身についてはどのような内容なのでしょうか?

「いか」ない・「の」らない

サムネイル_02

いか:知らない人にはついて「いか」ない
の:知らない人の車に「の」らない

知らない人について行ったり、誘いにのって車に乗ってはいけません。不審者はさまざまな手口で子どもを誘惑してきます。
日頃から知らない人にはついて「いか」ない。車には「の」らない。を徹底しましょう。そのような場面に遭ったときに、どのように対処すれば良いのかも含め、子どもと話しあうのも効果的です。

「お」おごえでさけぶ

サムネイル_おおごえでさけぶ
「お」:大声をあげる(「助けてー!」と大声を出す)

危ない目に遭いそうになったら、迷わず「助けて」!と大声をあげましょう。「わー」や「きゃー」などと叫ぶよりも、周囲に明確に伝わる「助けて」をとっさに言えるようにすることが大切です。

もし不審者でなかった場合も、このようなご時世なので子どもには防犯の指導を徹底していることを伝えれば理解を示してもらえるはずです。

「す」ぐにげる

サムネイル_すぐにげる
す:すぐ逃げる(怪しいと感じたらすぐ逃げる)

この人怪しいな、と感じたらすぐに逃げるようにしましょう。不審者に隙きをあたえる前に逃げてしまうのも大切です。もし本当に用件があるならば、家にまで訪ねてくるでしょう。

「し」らせる

サムネイル_しらせる
し:しらせる(不審者や犯人の特徴などを家の人や、警察、学校に知らせる)

帰り道になにかあった場合や、不審な人を見かけたときはすぐにおうちの人に知らせましょう。また、遊びに行くときなどは行き先や変える時間を知らせてから出かけるようにしましょう。

まとめ

「いかのおすし」についてご紹介させていただきました。防犯教育は日頃からの習慣が大切です。子どもが事件に巻き込まれる可能性を少しでも減らせるよう、親子での取り組みを行っていきましょう。

警視庁では「いかのおすし」のうたとアニメーションを動画公開していますので、一度親子で一緒に見てみることをおすすめします。

(P.N. 舞囃子谷)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です