海ってこんなに深いの?海にはなにがいるんだろう【0〜2,000m編】

深海に住む不思議な魚達を探してみました♪今回は0〜2000mに住む生物をご紹介!きっとお子さんと盛り上がること、必須です!

「お母さん、海にはなにがあるの?」

「怪物がいるんだよね?!」

 

今回は、そんな風に子供に聞かれたときのために、海の生物について深さ別にご紹介します!

 

海って深いんです!

海は深いところでは、10,000m以上にも及びます。

引用:http://blog.goo.ne.jp/ongoro/e/434eeb03a5bc992bdac2cf58fb1a6ced

 

上の写真からも分かる通り、この世界で一番深い場所はマリアナ海溝のチャレンジャー海淵だと言われています。

引用:http://www.jamstec.go.jp/j/kids/press_release/20150224/

 

日本からも近い場所にありますね!

 

ただこの10,000mっていまいちどれくらい深いのかわからない、というあなた。

どれくらい深いのかを、次の絵を見ながら説明しましょう!

引用:http://www.gekiyaku.com/archives/42516199.html

左からに2番目の山が正解最高峰のエベレスト山です!

そして、左上に飛んでいるのが飛行機ですね!

 

その左あたりにグレーで書かれているのが、チャレンジャー海淵です。

 

なんと飛行機の地上からの高さを優に超えています!

それほど海は深く、地上からの距離が遠い場所なんですね。

 

水深0〜1,000mの生物!

それでは早速、0〜1,000mの生物を見ていきましょう!

まずこのイメージをご覧ください。

引用:海洋生物(カイヨウセイブツ)とは – コトバンク

 

0〜200mでは、いわゆる水族館にいそうな生物がたくさんいますね!

 

マグロやサメ、亀なんかもこの深さに住んでいます。

ちなみに太陽の届く深さが深くても100m程度までと言われています。

 

そのため200m時点で、すでに海の中は真っ暗です!

さらに見ていくと、200〜1,000mあたりでは、マッコウクジラやダイオウイカなど大きな生物が現れてきます!

そして深さはついに1,000mを超えます。

 

水深1,000〜2,000mの生物!

1,000mを越えると、いわゆる「深海魚」 と呼ばれる魚が出現します。

チョウチンアンコウなどは、テレビ等で一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか?

いかがでしたでしょうか?

次回は2,000〜5,000mを見ていきたいと思います。びっくりな生物がたくさん登場するのでお見逃しなく!

 

次回記事はこちらからどうぞ↓

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です