中学生は部活をやらせるべき?勉強に専念させる?

もうすぐ、中学生になるお子さんを持つ家庭においては、 自分のお子さんがどのような中学生活を送るのか想像していると思います。 中学生が小学生と大きく違うことに部活があります。 部活を始めることにどんなメリットがあるのでしょうか。

もうすぐ、中学生になるお子さんを持つ家庭においては、

自分のお子さんがどのような中学生活を送るのか想像していると思います。

 

中学生が小学生と大きく違うことに部活があります。

部活を始めることにどんなメリットがあるのでしょうか。

部活を始めることのメリット

サッカー

中学生が部活を始めるメリットは多くのことがあります。

よく取り上げられる理由として、部活動はコミュニケーション力チームワークなど

社会に出て要求される能力を鍛えるのに最適だという意見があります。

 

また、これは運動部に限った話ではなく、文化部においても一つの目標を設定し、

みんなで努力し、目標を達成すると行った経験を学生のうちに体験できることは

子供にとって大きな財産になります。

 

他にも、学校の勉強が全てではなく、

学校の勉強が、苦手な生徒にとっては部活が学校に行く理由になる子供いるなど、

数え切れないほどのメリットが取り上げられています。

 

外で頑張る部活も、室内で頑張る部活も熱中症には注意しないといけません。

水分補給も大切ですが、火照った体を冷ます意味でも手軽に使える

こちらの商品をチェックしてみてはいかがでしょうか。

GOKUHIYA極冷ICEタオルロング30×110cm

 部活と学業の両立はできる?

 

一方で部活を始めることのデメリットとして、夜まで部活をすることで、

勉強の時間が削られてしまい、成績が落ちてしまうのではないかという不安も

お父さんお母さんはお持ちだと思います。

 

しかし、部活動を行うことは子供の成績を下げるわけではなく

反対に部活を精力的に頑張っている子供は学校の成績が良いという調査結果もあります。

 

部活に集中して取り組むことで、集中力が子供に身につき、

自然と部活で鍛えた集中力を勉強にも適用しているのだと考えられています。

 

勉強と部活の両立をしている子供も大勢いるので、

集中力を鍛える目的に、部活を始めさせてみると成績も上がるかもしれません。

 

どんな部活が人気があるのか

自転車

数多くの部活がありますが、今も昔も定番のものは変わっていません。

例えば、運動部ではサッカー部や野球部、バスケットボール部などが今も人気な部活です。

文化系では吹奏楽部や、茶道部などが人気があります。

一方で今風な部活もたくさんできています。

 

例えば、自転車部やディベート部などは昔はそれほどメジャーではありませんでした。

また、パソコン部なども最近は人気な部活になってきています。

 

部活動に欠かせないアイテムといえば、やはりジャグではないでしょうか。

こちらは、大容量で保冷力にも優れたものとなっておりますので

この夏の、熱中症予防にぜひ、チェックして見てください。

voda ステンレス スポーツジャグ 2000

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です