お母さんの悩み解決!子供服選びにおける極意とは!?

日に日に大きくなる子供。 高級ブランドの服を着せてもすぐに小さくなってしまうし、 生活の中で落ちないようなシミを作ってしまうこともしばしばですよね。 親子ともに笑顔になれる子供服って、いったいどんなものなのでしょうか。 今回は子供服の選び方についてまとめてみました。

服

日に日に大きくなる子供。

 

高級ブランドの服を着せてもすぐに小さくなってしまうし、

生活の中で落ちないようなシミを作ってしまうこともしばしばですよね。

親子ともに笑顔になれる子供服って、いったいどんなものなのでしょうか。

 

今回は子供服の選び方についてまとめてみました。

動きやすいことが第一条件

ダボダボの服を着た男の子

 

子供はとにかくじっとしていないもの。

 

毎日の生活が体操の時間のように、全身を使って遊びますよね。

そんな子供に着せるのなら、やはり動きやすいものが一番です。

 

伸縮性に富んで、体を締め付けない、着心地のいいものを選びましょう。

 

追いかけっこをする男の子

 

夏ならTシャツ、冬ならトレーナー素材などがお勧めです。

【50% Off】【BeBe/ベベ】60/2 天竺 花 モチーフ Tシャツ/子供服 半袖Tシャツ 女の子/BEBE

例えばこれなんかは、花柄のハートが可愛い、オススメのTシャツです。

女の子はスカートにレギンスなどもいいですが、できるだけ生足は避けたいものですね。

 

防犯上という意味もありますが

やはり肌が露出しているとどうしても転んだ時などにけがをしてしまうことが多いもの。

 

服には肌を守るという意味合いもありますから、できるだけ肌の露出もさけたほうがよさそうですね。

 

また、カッコイイシャツなどは、男の子のママに人気が高いですが

首周りを締め付けたり生地自体に伸縮性がないのが欠点です。

 

着せようとしても子供が嫌がることが多いので、やはり、のびのびと体が動かせるような服を選ぶといいですね。

 

なるべく肌に優しい自然素材を選ぶ

シャツ

 

最近は汗がすぐに乾くような機能性素材の子供服も多いのですが

これには賛否両論があり万人にはおすすめできません。

 

実は機能性素材の子供服は、人によってはとても着心地のいいものなのですが、肌の過敏な小学生くらいまでは、高い機能の服に子供自身が対応しきれない場合もあるんです。

 

速乾素材の服が冷たく感じて仕方がなかったり、保温素材の服を着ると熱がこもって汗が異常に出てしまう…という場合は、

その服が向いていないという可能性が高いもの。

できれば吸湿性保温性に富んで肌に優しい、綿や麻などの自然素材を選んだほうが安心です。

 

また、肌が過敏でちょっとした縫い目やタグが気になってしまう子も多いので

細かい部分まで購入する前はチェックしてみてください。

 

どうしても気になるようであれば、タグなどの不要なところは切り落としてもいいでしょう。

 

こちらのラルフローレンのTシャツは、シアー素材を用いているので、オススメです。

ポロ ラルフローレン レディース 半袖 Tシャツ Vネック薄手 シアー素材 Polo RALPH LAUREN

洗濯しやすいこと

洗濯物

 

泥汚れに、食べ物の食べこぼし、血液汚れ、クレヨンの汚れ…。

子供服はとにかく様々なシーンで汚れます。

 

もう、キレイに着ようとするのは無理とあきらめた方がいいと思うくらい

子供服の汚れは日常茶飯事です。

 

子供が服を汚すたびにいらいらしていたのでは、ママだって疲れてしまいますよね。

 

なので、あきらめて「子供は服を汚すもの」と考え

じゃぶじゃぶ洗える子供服だけを選ぶとのがおすすめです。

 

洗濯しやすいだけではなく、乾きやすいこともポイントの一つです。

 

生地自体が分厚くなかなか乾かなかったり、

袖口のリブやわきの下などの一部分だけが一日干しても乾ききらない…

 

となると、どうしても洗濯がおっくうになり着せるのに躊躇してしまうことも。

洗濯しやすく乾きやすい服という視点で子ども服を選んでおけば、ヘビロテになること間違いなしですよ。

 

子供服は洗濯機自体も工夫が必要かも。
こちらの洗濯機で、小さな子供服も洗濯しやすいです。

【送料無料】バケツ型小型洗浄機!

 

子どもの好きなオシャレデザインであること

ファッションモデルの男性

どんなに着心地がよく、いい素材で、洗濯がしやすくても、

子供自身がキライなデザインの服ならなかなか着てもらえません。

 

やはり、子どもが着たくなる、子どもの好きなデザインを選ぶことも大切です。

 

男の子でも、えり好みはありますが、女の子の方が好みにはうるさいように感じます。

しかも、嫌いな服はゼッタイ着ないという意思の固さもママ泣かせですよね。

なので、まずママが機能面の視点で服をいくつか選び、

その中から子どもの視点でデザインを選んでもらうような服選びをするのがおすすめです。

 

子どもはただ黙って親から与えられた服には反発すると思いますが

いくつかの中から選択肢を与えられて選ぶと、それほど好みじゃなくても納得してくれることが多いんです。

 

親と子供それぞれの立場で一緒に服を選ぶこと。それを意識して選ぶようにしてみてくださいね。

 

ファッションモデルの女性

 

いかがでしたでしょうか。

 

子供の服選びは、コツさえつかめばそれほど難しくありません

 

子供の好きなデザインで、なおかつ大人が扱いやすい服を探してみましょう。

きっとそれが、親子ともにストレスのない子供服となってくれると思いますよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です