[バレンタイン特集3]俺チョコ?逆チョコ?バレンタインチョコ事情の色々

バレンタインデーといえば本命と義理、と思い浮かべる人も多いかもしれません。 でもここ最近では俺チョコや友チョコなど、楽しみ方にバリエーションが増えてきました。 色んなチョコ事情を知って、もっとバレンタインをエンジョイしましょう。

俺チョコ

サムネイル

俺チョコとはその名の通り、男性が自分のためにチョコを買うことです。

俺チョコが普及し始めたのは2015年から。

サロン・デゥ・ショコラのイベントで使われたことが始まりなのだとか。

ちょうどその頃からコンビニでも「俺の〇〇」シリーズが、売られてましたよね。

男性は甘いものが嫌い……、というのは、ただの先入観なのかも。

またチョコレート催事場に足を運ぶ割合も、4人に1人が男性客というデータもあり、

俺チョコはますます増加の一途を辿りそうです。

逆チョコ

サムネイル

逆チョコとは男性が女性にチョコを渡すこと。

突然男性からチョコを貰ったら、女性はびっくりしちゃうかもしれませんね。

でも、欧米では「男性からプレゼントを渡すことが普通」なんです。

ひょっとして日本のほうが逆?

海外ではバレンタインは、男女問わず感謝を現わす日と考えられているので、逆チョコも全然OK!

ちなみに日本では逆チョコをしたら、ホワイトデーに女性がプレゼントを贈ります。

友チョコ

サムネイル

友チョコは友達同士でチョコをあげます。

プレゼント交換みたいでとっても楽しそう。

そもそも友チョコは、2005年に放送されたCMの影響で急速に普及し、

現在ではすっかり定番化しました。

年代は、社会人よりも小・中・高校生といった学生さんの間で流行してますね。

チョコだけじゃなくて、クッキーなどの手作りお菓子をあげるパターンも多いようです。

ただし「仲の良い友達全員に」という場合が多く、中には数十個単位で作る人も。

自分チョコ

サムネイル

自分チョコは自分用のチョコです。

俺チョコとかぶりますが、こちらは「女性が自分に」といった感じ。

日頃、頑張っている自分へのご褒美として、

普段は買わないようなちょっと高級なチョコを購入します。

自分チョコ=ご褒美チョコ

と考えると、しっくりくるかもしれませんね。

半数以上の女性が自分チョコを買った経験があり

バレンタインデーは「これが楽しみ!」ってワクワクしてる人も。

まとめ

色々なチョコ事情をお届けしましたが、いかがでしたか?

本命や義理チョコだけだと、

「私(俺)には関係ない……」って思ってしまう人もいるかもしれませんが、

友達や自分へのチョコと考えると、なんだかバレンタインデーが楽しみになってきますね。

すべてメーカーの策略なんでしょうけど笑笑笑

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です