子どもにスポーツの能力を身に着けさせるために親ができること

スポーツの能力は生まれつきのもので後で努力してもなかなかよくならないと思われがちですが、生まれつきなくても跡からある程度アップさせることが可能です。そのためには親のサポートが重要になってきます。

ラグビー

スポーツの能力は生まれつきのもので後で努力してもなかなかよくならないと思われがちですが、生まれつきなくても後からある程度アップさせることが可能と言われています。

 

そのためにはお母さんのサポートが重要になってきます。

 

毎日外遊びをさせ、時には親も一緒に付き合いましょう

公園スケート

最近はゲームやインターネットに夢中になって、子どもが外で遊ぶ機会が減少している傾向にあります。

 

そのため、スポーツの能力も落ちやすいのです。親がゲームやインターネットをやめて外で遊ぶようにと言っても、子どもは一向にやめないものですよね。。

 

なので親がゲームを取り上げたり、インターネット環境を無理やり遮断したりして使えないようにしてしまうことも多いのですが、これだけでは子どもにとっては不満が溜まるばかりです。

イライラ

親も一緒に、自転車に乗ったり公園に行ったりボールで遊んだりするなどすれば、親子のコミュニケーションを取るいい機会になります!

また、同時にスポーツの能力を高められる機会にもなるので、親も外遊びに付き合うのがおすすめです!

 

何かスポーツを習わせましょう

サッカー

スポーツの能力を高めるためには、当然のことながら学校の体育の授業だけでは足りませんね!

学校以外で何かしらのスポーツをさせることで、子どものスポーツの能力を上げることが可能なのです。

 

子どもが習うスポーツといえばスイミングやサッカーや野球が思いつきますが、他にもさまざまなスポーツがあります。

ダンスやバレエも体を動かすのでスポーツの能力を上げられます!

バレエ

地域でどのようなスポーツの習い事ができるかを調べてみるのがいいでしょう!

 

ただスポーツを習わせるのには種目によってはお金がかなりかかる場合もあるので、金銭的に習わせるのが難しい場合はスポーツ少年団など月謝の比較的安いスポーツを選んだりするといいでしょう。

 

親ができるスポーツを一緒にさせましょう

公園

親がかつて何かのスポーツをやっていたというのであれば、親が指導者代わりになって同じスポーツを子どもに教えることも可能です!

 

広場でのキャッチボールやボウリングなどでもスポーツの能力を上げるには問題ありません。

 

また各地域ではマラソン大会などのスポーツイベントが数多く開催され、種目の中には親子でエントリーするものもあります。そのような大会に親子で一緒に出場することで、子どもが走るという能力を身に着けられやすくなりますね!

マラソン

さらに子どもは親の背中を見て育つといいますから、親子ともに走ったりすることで子どもに走る能力だけでなく走るという気持ちを身に着けられるのです。

 

スポーツをする子どもを応援しましょう。

スポーツ音痴

お母さんの中にはスポーツが苦手だったり、心身の病気があったりして子どもが体を動かすのに付き合えないという場合もあると思います。

 

しかし親が子どもの外遊びやスポーツに付き合えないからといって、子どもがスポーツの能力を身に着ける機会を失われるかというと、そうではありません!

バス

自分がスポーツができなくても練習の送り迎えをきっちりしたり必要な道具をそろえてあげたりするだけでも、子どもはやる気を出せるものです。

ダンス

そして試合に出場するときは弁当を作ったり応援に駆け付けたりするなどして別の面からのサポートをしてあげるようにすれば、子どものスポーツの能力は十分につく可能性がありますね!

 

いかがでしたでしょうか?

ぜひお子さんに親身に向き合うことで、お子さんのスポーツの能力を伸ばしていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です