生物

むかし、ウンチは死者を蘇らせる●●だった!?

食べ物のカスであるウンチ。そして、疎まれるウンチ。不要なものだから体から出ていくと考えられていますよね。けれど、このウンチが薬になるって聞いたことはありますか?まさか、そんな…と思うかもしれませんが、薬になるんです!
保健体育・健康・理科・生物・食事

何日も飛び続ける渡り鳥はいつ寝ているのか?新しい研究で分かった驚きの実態

英語でmigratory birdsと呼ばれる渡り鳥。 目的地につくために飲まず食わずで、しかも眠らないまま、ひたすら飛び続けるってイメージがあります。 そんな渡り鳥の種類は「夏鳥」「冬鳥」「旅鳥」に分けられ、カモ、白鳥、ツバメ、ツル、グンカンドリなどが有名です。 お子さんにも馴染みのある鳥が結構いますね。 実は今回、そんな渡り鳥の中でも大型の鳥と言われているグンカンドリについて、ちょっと驚きの事実が判明したんです。
理科・生物

実はしっかりした根拠がないらしいよ。右脳型は芸術派、左脳型は分析/論理派って。

「うちの子、絵とか好きで、右脳人間じゃないかなって思うのよ」 「ひろしは、理屈がうまいんだよなー。あいつは左脳人間だな」 どこかできいたことがある言葉ではないでしょうか? 芸術的なセンスがある人のことを右脳型、論理/分析の能力が高い人のことを左脳型と考える人、まだまだ多いと思うのですが、実はこれ、実は根拠がないって言われたら、どう思われますか?
理科・生物

キリンのベロの色、知ってますか?

人のベロは赤色、カメレオンなどは緑色ですが、実は動物によってベロの色って結構違っています。さて、キリンのベロの色、知っていますか。 黄色や茶色っぽいですが、実は違います。
理科・生物

毒を持つ鳥はいるのか?います。

フグが有名ですが、他にもアイゴやゴンズイなど毒をもつ魚はその存在が多く知られていますよね(てっちり、おいしいですよね笑)。 一方、空を飛ぶ鳥には毒を持つ種類はいないと思われていましたが、30年ほど前に毒を持つ鳥が発見されているのです。今日は毒を持つ鳥のご紹介です。
理科・生物・自然

義足は技術ドーピング!? パラリンピックと障がい者スポーツが秘める可能性

いよいよ東京オリンピック・パラリンピックが来年に迫ってきましたね! 好きな競技を見るのを楽しみにされている方もいるでしょうし、とにかく日本人選手を応援したいという方もいるでしょう。一方で、競技も国籍も関係なくすごい人たちを見たい、どんな世界記録が生まれるが楽しみ、というような方も少なくないのではないでしょうか。今回はパラリンピック選手のすごさについてお話ししたいと思います。
スポーツ・保健体育・健康・生物

第三の性とは? 男でも女でもない性別が認められている国がある?

ニュースなどでLGBTという単語を聞く機会が増えたことからもわかるように、近年は性別に対する考え方が多様化してきていますよね。現在では身体の性ではなく心の性に基づいてその人の性別を決める方が望ましいという考え方が主流になっています。その中で男か女か、という二者択一ではなく第三の性別を認める国や地域も出てきているのです。今回はそういった「性自認」に関する最近の動向についてまとめてみたいと思います。
保健体育・文化・生物

イクラと筋子(すじこ)は同じ魚の卵。じゃ、”とびこ”は?

秋の魚といえば「秋刀魚」(さんま)。 ごどものころは苦手だった“はらわた”が、歳をとるにつれあの苦味がおいしくなってきたりしますよね。 さんまは、9月10月が旬ですが、11月が旬の魚に「ぼら」がいます。 ぼらは、その卵の食材「からすみ」の方が有名ですね! この魚卵系で有名なものの1つにイクラがありますが、イクラと“親”が一緒で、違う名称で流通している食材、何かわかりますか?  今日は聞かれると意外にわからない「魚卵」系食べ物についてご紹介します。
生物・雑学・食事

数字に色がついてる?!共感覚の不思議

皆さんは「共感覚」という言葉を聞いたことがありますか? 例えば、1が赤色、2がオレンジというように一見黒い文字の数字や文字などに色がついて見える現象なのです。今日はそんな共感覚についてまとめてみました。
コミュニケーション・教育・未分類・生物・雑学

「ゲノム編集」とはどんな技術? 「遺伝子組み換え技術」とはどう違う? 危険性は?

ゲノム編集という技術についてご存知でしょうか。今年の10月から、ゲノム編集技術を使って作られた販売や流通に向けた届け出が始まっています。ゲノム編集は遺伝子を操作する技術の一種ですが、同じく遺伝子を操作する技術である遺伝子組み換えは安全性が疑問視されることもあります。ゲノム編集と遺伝子組み換えはどう違うのでしょうか? ゲノム編集に危険はないのでしょうか?
未分類・生物・科学