10次元空間や膜の宇宙?宇宙誕生の最新理論とは

結局宇宙はどのようにして生まれたのか?最新の研究が明らかにする宇宙の誕生とは。最新の理論をまとめました♪

シャトル

 

2回の記事にわたって宇宙の歴史を遡ってきましたが、今回が最後です。

果たして今後の宇宙はどうなっていくのでしょうか?

 

関連記事はこちらからどうぞ↓

 

インフレーション理論の高まり

インフレーション

インフレーション理論はビックバン説の矛盾を解決する説として、定説になってきているようです。

宇宙の起源に関する仮説で、「ビッグバン」によって誕生した宇宙がその直後に極端に膨張し、今日観測される宇宙空間の原型が形作られたとする説。

引用:http://www.weblio.jp/content/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E7%90%86%E8%AB%96

 

しかし、結局まだまだインフレーション理論も完全に正しい理論とは言い難い部分があります。

 

今はこの理論も議論や研究を重ね、証拠を積み上げている最中なようです。

 

実は宇宙は10次元?!

 

ここにきて近年の新展開として「高次元宇宙論」というものが出てきました。

 

これは簡単にいうと

「宇宙は10次元でできていて、私たちの住む地球のある宇宙は膨張してできた3次元空間である」

とする説です。

 

すなわち、全部で10次元あった宇宙が広がって、現在私たちが見ている宇宙空間は10のうちの3次元の部分だけ膨張した空間であるということです!

(「カルツア・クライン宇宙論」というそうです。)

 

しかしながら、こちらもまだ新しい理論ゆえに、完全に正しい理論であるとは言えないようです。

宇宙は謎が多すぎるんですね。

 

さいごに

 

結局宇宙は、現在インフレーションと呼ばれる膨張が起きて、ビックバンという大爆発が起き、元素が誕生して、今日私たちが生まれた地球を含む太陽系を形作ったということができそうです。

 

最新の研究では「ブレーンワールド(膜宇宙)理論」と呼ばれる新たな新たな理論も登場し、新たに議論が進んでいます。

 

これらは数々の研究理論で説明されていますが、全ては観測や実験の積み重ねです。

そして次にこういった謎を解き明かすのは、あなたのお子さんかもしれません。

宇宙研究

この先はぜひお子さんと一緒に話して、様々な答えを考えてみてくださいね。

 

それでは!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です