宇宙誕生のビックバン説はウソ?インフレーション理論

宇宙の誕生由来はビックバンではなかった!という説があり、こちらの方が実は有力説です。その説とは...気になるその中身をチェックしてみてください。

宇宙

広大な宇宙。

宇宙ができた理由を探ってみようという宇宙誕生シリーズ。
第2回は、ビックバンについてもう少し掘り下げていきます。

 

過去記事はこちら↓

 

宇宙誕生のビックバン説はウソ?

爆発

さて、前回は宇宙の誕生は、ビックバンによって始まったと前回の記事でお伝えしました。

 

しかし、このビックバン説は嘘だった!?とする論調もあります。

 

今やこちらの説が定説になりつつあると文中ではありますが…

問題は、宇宙の誕生はビックバンの”前”なのか”後”なのか、が議論となっています。

 

ビックバン否定説とは?

ホーキング博士

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

 

ではどんな理由をもって、ビックバンを否定しているのでしょうか?

 

前回お話したビックバンの原因となった「火の玉」ですが、実は物理学で証明できていたわけではなかったのです!

何とも驚きの事実ですね。

 

実際に証明はされてませんが、「まあ、なんか本当っぽいよね」という理由で仮置きされていたようです。

そこでホーキング博士という人が、反論を展開し出すのでした。

 

ビックバン説に代わる「インフレーション説」

衛星

長らく宇宙誕生の理由とされてきた、ビックバン説に代わる説として浮上したのが「インフレーション説」です。

 

これは簡単にいうと、

「宇宙は自然にできたのではなく、急激な加速のもと膨張が起こり、広がった」

ということです。

 

これだけだと難しいかもしれませんので、もう少しわかりやすく解説しましょう。

 

ビックバンはなぜか火の玉が生まれ、大爆発が起きたものとされてきました。

 

しかしこのビックバンよりも前に、インフレーションという膨張が起きたとすると、この大爆発のつじつまが合います。

 

そこでその前提で話を進めてしまおう!

というのが「インフレーション理論」の考え方です。

 

もしかしたら宇宙はいっぱいある?

もし「インフレーション理論」が正しいとしたら、ビックバンという大爆発は、もっといろんな場所で起きていただろうということが明らかになりました。

 

理論

引用:http://r25.jp/it/90007286/

 

つまり宇宙はひとつではない、ということです!(驚き)

 

なんだか話がすごいことになってきましたが、

次回はこのインフレーション理論をもう少し詳しく見ていきましょう。

記事はこちらから↓

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です