「賞味期限」と「消費期限」ってなにが違うの?

知っているようでいざ聞かれると分かりにくい、賞味期限と消費期限。その違いについてご紹介します!

身の回りにある食べ物には、必ずと言っていいほど書いてある「賞味期限」と「消費期限」

 

なんとなく食べ物が食べられる基準なんだろうな〜とはわかりますが、詳しい違いってわかりますか?

 

今回はそんな似ている2つの違いについて学んでみたいと思います!

 

「賞味期限」って?

賞味期限はソーセージや袋に入ったお菓子、缶詰など保存ができる食品に表示してあります。

この賞味期限は、「おいしく食べられるギリギリの日付」のことを言います。

開封していない状態で、表示されている保存方法に従って保存したときに、おいしく食べられる期限を示しています。賞味期限内においしく食べましょう。ただし、賞味期限を過ぎても食べられなくなるとは限りません。

引用:http://www.maff.go.jp/j/fs/f_label/f_processed/limit.html

 

じつは「賞味期限が過ぎたから食べれない!」なんてことはなくて、

「この日までなら一番おいしく食べれるよ!」っていう基準なんですね。

 

「消費期限」って?

一方で消費期限はお弁当やサンドイッチ、お肉など長く保存ができない食品に表示してあります。

開封していない状態で、表示されている保存方法に従って保存したときに、食べても安全な期限を示しています。消費期限内に食べるようにしましょう。

引用:http://www.maff.go.jp/j/fs/f_label/f_processed/limit.html

 

消費期限は賞味期限と違って「安全に食べれる期限」なので、期限が過ぎてしまったものを食べるのは危険!

 

もったいないので、必要な分だけ購入するようにしたいですね。

 

意外と知らない!?お米と野菜のおはなし

みんながよく食べているお米。

このお米には、賞味期限も消費期限も書いてないんです!
お米も野菜も「生鮮食品」になるので、自分で状態を確認して食べれるかを判断する必要があります。

賞味期限及び消費期限は、『加工食品』に義務付けられた表示だからです。

引用:http://okwave.jp/qa/q3325454.html

 

 

生鮮食品って扱いが非常にむずかしいですね!

ちなみに生卵などに表示されている日付は、生で食べて大丈夫な期間です。 気をつけてくださいね。

 

いかがでしたでしょうか?

 

ルールを理解してお子さんと、美味しいごはんを食べてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です