自然を探そう!親子で秋のどんぐり拾い

先日過ごしやすい天気だったこともあり、郊外の広めの公園に子供を連れて出掛けてきました。家にいるとずっとテレビを見ていたりしがちなので、外に連れて行ったことで子供も大はしゃぎ! そんな中、広がる芝生の上を歩いていると樹の下に転がるどんぐりがちらほらとありました。どんぐりを見つけて夢中になって拾い集める子どもたちを見て、体も動かせて自然と触れ合う良い機会だったなと感じた次第です。 今回は親子で自然に触れ合うをテーマに、どんぐり拾いについてご紹介します!

どんなところでどんぐりが拾えるのか?

今回私たち家族は大きな公園にどんぐりを探しに出掛けました!

地域差はありますが大体9月~11月がどんぐりのシーズンのようです。

今はネットで調べればどんぐりの情報も出てくるので、

サイトや口コミでどんぐりが採取出来るか確認してから行くと確実です!

主に下記の様な場所でどんぐりと出会える確率が高いです!

・公園
サムネイル
大きな公園は比較的どんぐりが植えてある可能性が高く、

見つからなかった場合でも子どもを遊ばせることが出来るのでおすすめです!

また、小さい公園が近所にある場合は散歩がてら目を凝らしてどんぐりを探してみてください!

・山や森
どこかにあるのは間違いないのですが、

見つけやすい場所、安全な場所にあることが重要ですので、

ネットなどで口コミを見てから行くのが無難な場所になります。

・神社やお寺
境内はきちんと掃除されてしまっている場合が多いですが、

その周りには落ちている可能性が高いです。

管理されている方が常駐していれば、ひと声かけてから拾うと丁寧です。
(子どもと行って断られたことはありません)

どんぐりを探しに行くには?

特に必要なものはありません!

私たちは砂場用のバケツ片手にどんぐり拾いに参戦しました。

今回は主にクヌギやコナラの木の下でどんぐりを多く拾うことが出来ました!
サムネイル

公園によってはこのように木にプレートがついているので、

どの木の下で探せば良いか確認が出来ます!
サムネイル

クヌギは丸っこくて大きいので子どもも喜んで探していましたが、

殻付きのものは意外にも固くて中身を出すのに一苦労しました。

今回のどんぐり拾いでは

今回はお弁当を持参して午前中からたっぷり夕方までどんぐり拾いと散策に費やしました。

途中で、

「これなーに?」
サムネイル
と今まで見たことのないものを持ってこられたり、、、
(あとで調べてもなんだか分かりませんでしたw)

少し飽きてきたら探検と称して公園内を散策したりしました。

途中見つけた滝では不思議そうに落ちる水を眺めて立ち止まっていました。
サムネイル
帰りの車内では子どもたちも満足しきったのか、一瞬で夢の中へ!

こちらは今回の我が家(長男)の戦利品です。
(ごちゃっとしたので半分くらい中身を減らしていますw)
サムネイル
翌日子どもたちの口から「どんぐりまた拾いたいね」と言ってきたので、

連れて行って良かったなとしみじみ。

自然に触れ合うことが出来、健康的な一日を過ごすことが出来たので大満足でした。

翌日の筋肉痛は覚悟しておいてくださいね!

P.N. 舞囃子谷

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です