北極クマは聞いたことあるけど、南極クマっているの?北極と南極の違いをこどもに分かりやすく解説できますか?

北極と南極。 正反対の位置にあって、どちらもとても寒いイメージがあります。 ペンギンやシロクマもいて……って、どっちにいたんだっけ? と、いまいち違いが分かりませんよね。 北極と南極の違いってなに? 子どもにも分かりやすく解説します。

まずは北極について知ろう

サムネイル

北極は日本からおよそ7千キロの距離にあり、ほとんどが海に覆われています。

大陸があるイメージかもしれませんが、それは海氷という氷によるもの。

一見、地面に見えるものだけど、そうではないんです。

北極=海と考えても良いかもしれませんね。

また北極の気温はマイナス18度。

寒いように思えますが、南極よりは暖かく多くの生物が住んでいます。

その代表的な動物が北極グマ(シロクマ)、オオカミ、トナカイ。

強そうな動物がいっぱいですね。

ちなみに代表とも言える北極グマは、地球最大の肉食生物で北極の食物連鎖の頂点に立っています。

そして、最も驚きなのが北極には人が住んでいること。

厳しい自然と共に生活する人の姿がそこにはあります。

一方、南極の特徴とは?

サムネイル

南極は、日本から南へ約1万4千キロの距離にあります。

「南極大陸」という言葉に、なじみのある人もいるかもしれません。

その名の通り南極には、広大な大陸が広がっています。

広さはおよそ日本の37倍!!!

日本がすっぽりと入っちゃいます。

また、南極の気温はなんとマイナス50度。

すっごく寒いんです。

そんな環境で植物も育たないため、動物は少ないです。

主に鳥類であるペンギン、海洋哺乳類のアザラシなどが生息し、陸上哺乳類は存在しません。

なお、ペンギンはエサとなる動物プランクトンが豊富に発生する、南極の冷たい海が大好きなんです。

そして南極に人は住んでいません。

誰の手も加えられていない、それが南極なんです。

北極と南極の決定的な違いはなんだろう

サムネイル

では、北極と南極の決定的な違いを簡単にまとめてみました。

 

・北極は海、南極は大陸

・北極の温度は-18℃、南極の温度は-50℃

・北極には北極グマ、南極にはペンギン

・北極は人が住んでいる、南極は住んでいない

 

似たようなイメージを持っていましたが、こうやって見るとかなり違うということが分かります。

また、それぞれの地域に生息する動物は、一方の地域には生息しない点が興味深いですね。

まとめ

サムネイル

今回は北極と南極の違いについてでした。

いかがだったでしょうか?

お子さんに「北極と南極の違いってなに?」と、聞かれたら

「北極にはクマさんで、南極にはペンギンさん」
あるいは
「北極は海で、南極は大陸なんだよ」
などなど。

ポイントを簡単に教えてあげるのも良いですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です