飛びながら進むってすごいこと?飛行機はなんで飛ぶの?【推進力編】

飛行機がなぜ飛びながら前に進むのかご紹介します。飛行機は機体に働く4つの力をうまくコントロールしながら、飛んでいるんですね!

さてここまで、飛行機の翼の構造や、働く力を解説いたしました!

 

過去の記事も参考にどうぞ!

 

今回は、飛行機を持ち上げる揚力についてお話ししていきましょう!

 

大きな翼で「揚力」を発生!

引用:http://gigazine.net/news/20151217-how-do-airplanes-fly/

 

主翼が地面と平行に、水平の状態では、翼の上から下への力と、下から上への力が釣り合っています。

そのため機体は宙に浮きません。

 

しかしもしこの翼が傾いた場合、

引用:http://gigazine.net/news/20151217-how-do-airplanes-fly/

 

下から上への力を受けやすくなるので、なんと、機体が浮きます!

つまり、

引用:http://gigazine.net/news/20151217-how-do-airplanes-fly/

 

こうなります!

 

この下から上の力というのが「揚力」と呼ばれるものですね!

 

つまり飛行機を飛ばすことにおいては、翼の角度が非常に重要!ということになりますね。

 

例えば翼が逆に傾いた場合、上から下の力が強くなり、飛行機は墜落してしまいます。

怖いですね。。

 

飛行機って、やっぱり面白い!

3回に分けてお話した、「飛行機はなんで飛ぶの?」シリーズでしたが、いかがでしたでしょうか?

 

今回は簡単に、今考えられている仕組みをお話ししましたが、本当にそうなのか?などぜひお子さんとお話ししてみてくださいね!

 

きっと面白い返答がもらえるかもしれません!

 

過去の記事はこちらからどうぞ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です