飛行機に働く4つの力とは!飛行機はなんで飛ぶの?【力の関係編】

飛行機が前に浮きながら進むには、4つの力のバランスをとりながらジェットを噴射しています!お子さんと是非ご覧になってくださいね♪

飛行機

「なんで飛行機って飛ぶんだろう」

 

そんな素朴な疑問を持つお子さんも多いですよね!

 

今回は、飛行機を飛ばしている謎の力、「揚力」について話していきましょう!

こちらの記事も参考にどうぞ!

 

力の釣り合い?

さて、飴でも筆箱でも、なんでもいいのですが、物が止まっている状態というのはどういう状態でしょうか。

 

それは力が「釣り合っている」状態です!

釣り合い

引用:http://www.buturigaku.net/main01/Mechanics/Mechanics09.html

 

この画像の場合、筆箱が地面を押す力と、地面が筆箱を押す力が釣り合っているため、筆箱は「止まって」いるんですね!

 

飛行機に働く4つの力

では飛行機にはどのような力が働いているのでしょうか?

 

実は4つの力が働いています!

 

この4つの力は、どのような関係になっているでしょうか!?

 

もし飛行機が空を前に進んで、飛んでいるとしたら、

揚力>重力

 

となっていて、もし落ちて墜落しそうになっているとしたら、

推力>効力

 

となっています!

 

力関係が上記のようになるよう、翼やジェットを動かして、飛行機を前にうまく飛ばしているんですね!

 

揚力ってどうやって生まれるの?

ジェットエンジンを噴射することで、推力を発生できる、ということがわかりました!

推力は、前に進む力のことです!

 

ただどのように発生させているかって、不思議だと思いませんか?

揚力には翼が関係しています!さらに、翼の角度が、実は大事なんです。

その仕組みについては、次回紹介していきます!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です