一面真っ白なのにグリーンランド!?

グリーンランドのイメージってどんなものがありますか?"氷に覆われているんでしょ?"”サンタクロースの国?””めっちゃ寒い?”"世界地図の右上のなんか上の方にある国?””そもそも国?” あなたはどれくらい知っていますか。

グリーンランドについて

カナダの北東にあるデンマーク領の島で、
公用語はグリーンランド語ですがほとんどの人がデンマーク語を理解できるそうです。

 

国土の8割が氷で覆われており、人が住めるのはわずかな沿岸部しかありません。気候は涼しい夏と寒い冬が存在し、真夏でも西日本の冬くらいの寒さになります。

 

国土は日本の6倍で人口はおよそ6万人の人が住んでいます。

面積と比べて人口が少ないのにも驚いたのですが、日本の6倍しかないことにもっと驚きました。

地図で見た印象だと日本の20倍くらいの大きさがあると思っていたのですが、なぜこんなに印象と違うのか???

 

答えは地図の図法の違いがありました!

私たちがグリーンランドを目にするのは主に学校の地図帳かなと思うのですが、

地図帳の表記はメルカトル図法といって緯線と経線がまっすぐになっている海図ようの地図を使っています。

 

実際の国の大きさを簡単に測れるサイトでグリーンランドを日本の真横に持ってきたら、、、

たしかに6倍くらいの大きさに見えました!
サムネイル
※気になる方はこちらのサイト「The True Size Of…」からお試しください。

 

このサイトで中国をロシアと同じ高さまで持っていくと、ロシアより少し小さいくらいのサイズになります。(ロシアがぶっちぎりで大きいわけではないんですね)

なぜグリーンランドとなったのか?

話しが逸れてしまいましたが、
なぜこんな氷に囲まれた国がグリーンランドと呼ばれるようになったのか?その歴史を紐解いていきましょう。

 

グリーンランドには先住民族のカラーリットがおり、初めてヨーロッパに認識されたのはアイスランドのヴァイキングでした。

その後、982年頃に赤毛のエイリークと呼ばれる探検家に「グリーンランド」と名付けられるのですが、

彼は過去の苦い経験からこの氷に覆われた国に)「グリーンランド(緑の島)」と命名したのです。

 

過去にエイリークは「アイスランド」を発見し命名しており、
この時に「氷の島」と名付けたのが仇となって入植希望者が現れなかったそうです。

グリーンランドにも入植希望者を募りたかったエイリークは、「緑の島」と名付けることで入植者を募集しました。

 

しかし、あまりにも厳しいその環境により、15世紀ころには先住民のカラーリットのみが残る結果となってしまったようです。

ちなみに「氷の島」と名付けたアイスランドは緑あふれる国なのは皮肉な話ですね。。。

ちなみにグリーンランドには世界最大のサンタポストがあり、世界中の国から手紙がここに届くそうです!

寒さの弱まる真夏の時期に行ってみてはいかがでしょうか?(といっても日本の冬くらいの寒さですが)

P.N. 舞囃子谷

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です