コロナウイルスで出かけられないいまこそ!お子さんと家でできる、ちょっと変わった、勉強になる遊び

コロナウイルスの影響で突然休校になったいま。ずっと家で過ごすことが多くなっています。 友達と遊ぶのもなんだか自粛ムードだし、毎日やることがなくなってきて子どもも親もストレスが溜まってくる時期。 家でできる遊びといえば、料理の手伝いや工作だけど、準備も後片付けも大変で子どももあまりやりたがらないなんて人も多いのではないでしょうか。そんなときにおすすめな家で簡単にできる遊びが、「おでかけ計画」です! これはある投資の本で紹介されていたもので、コロナウイルスが流行して外に出られない今にぴったりな遊びです。

「おでかけ計画」ってなに?

サムネイル

「おでかけ計画」とは、おでかけ先での予定をすべて子どもに考えてもらう、という遊び。

行き先は子どもが行きたい場所にしてもいいし、親も一緒に決めるのも楽しいと思います。

この「おでかけ計画」にはひとつだけルールがあります。

 

それは「予算を決める」ということ。

 

子ども達にはこの予算の中で交通費、食事代、お土産代などもすべて支払えるように

予定を考えてもらうこと、これが「おでかけ計画」です。

金銭感覚が身につく

サムネイル

決められた予算内にすべて支払うルールを設けることで、子どもにとっては

あまりなじみのない「お金」のことを考えさせるきっかけとなります。

・交通費は往復分かかること
・食事やジュースもお金がかかること

など大人にとっては当たり前なことでも、

実は子どもはきちんと理解できていないことも。

しかし、この遊びを通じて今までは何も気にせずに好きなようにしていたことでも、

予算が決められていることで子どもは何を選んで何を我慢するかを

決めなければなりません。

・「交通費は必ずかかるから、ジュースを我慢しよう」
・「お土産をたくさん買いたいから、お昼ご飯はお弁当を持っていこう」

など、お金について子どもが自主的に考えることで、親が我慢しなさい!

と言わなくても自然と取捨選択できるようになります。

時間感覚が身につく

サムネイル

まだ遊びたい!帰りたくない!おでかけした際、

一度はお子さんに言われたことがある親御さんが大半だと思います。

帰ってからの予定や、明日からの仕事の準備があるのにと

イライラしたことがある方も多いはず。

子どもがこのように駄々をこねるのは、そのあとの予定を理解していないことが原因かも。

しかしこの遊びでは、

 

「次の予定が遅れる」=「問題が起きる」

 

ことが計画を立てる段階で予想できるようになります。

・「帰りが遅くなると外食してしまうかも」
・「ここで時間通りに出ないとレストランのキャンセル料金がかかる」

など、決められた予算内でおでかけするには、計画通りに行動することが

大切であることを学べます。

まとめ

サムネイル

生きていくうえで金銭感覚や時間間隔はとても大切なものです。

普段の生活では、ゆっくり時間をとってこのような感覚を身につけさせてあげることは

難しいですし、何をどのようにすれば身につくのかわかりにくいですよね。

しかし、この「おでかけ計画」を子ども達に作ってもらえば、

簡単にかつ楽しく金銭感覚や時間間隔が学べます。

あくまで計画なので、失敗することもないですし、

ルールさえ守れば好きなように計画しても良いよ!と言えば子ども達は嬉々として

考えてくれるはず。

コロナウイルスの影響で家で遊ぶことしかできない今、ぜひご家庭で一度試してみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です