5G通信とはどんな技術? 何ができるようになる?

みなさんはスマートフォンを使っているとき、通信規格のことをどれくらい意識していますか? 耳にしたことはあるけどよくは知らないという方もいらっしゃるでしょうし、普段あまり気にしていなくてもスマートフォンの画面の左上に「4G」とか「3G」とか書いてあるのを見た覚えがある人は多いのではないでしょうか。今回はこういった通信規格について簡単にまとめてみたいと思います。

サムネイル

5Gとは?

サムネイル

 

5Gとは、

「第5世代移動通信システム」の略称

で携帯電話などに使われる移動通信規格の一種です。
「第5世代」を英語に訳すと「5th Generation」になるため、5Gと通称されています。

 

同じように4Gは「第4世代移動通信システム」の略、3Gは「第3世代移動通信システム」の略です。
世代が新しくなることで技術も進歩するため、

基本的に3Gよりも4Gの方が、4Gより5Gの方がより高い技術で通信が行える

ということになります。

 

3Gや4Gの前にはもちろん1Gや2Gの時代がありましたが、現在使われているのは3G以上の規格です。
ちなみにLTEという規格が3Gと4Gの間にあり、LTEは3.9Gなどと呼ばれることもあります。

5Gだとどんなことができる?

サムネイル

総務省が公表している情報通信白書によると、5Gの特徴は一度に大量の機器で通信できることと、通信の遅延が極めて小さいことの2つだとされています。

これまでの移動通信規格では基地局一台で数個程度までしか同時通信できませんでしたが、5Gでは100個ほどの機器で一度に通信することができるということです。

その5Gによって具体的にどのようなことが可能になるのか考えてみましょう。

 

・多角的な視点でのスポーツ観戦

熱心なスポーツファンなら、中継映像などを見ているときに「別の角度から見たいのに見せてくれない」とモヤモヤした経験があるのではないでしょうか。

 

5G通信を用いれば、大量のカメラを併用して撮影した映像に特殊な処理を加えることで、視聴者が自由に操作してあらゆる角度から映像を見ることができるようになります。
これを実現するためには、大量のカメラを使って撮影した映像を同時に、高速に処理することができる5Gが不可欠なのです。

・自動運転

自動車の完全自動運転でも、5Gは重要な役割を果たします。
自動運転は車に取り付けられたカメラやセンサーから得た情報や、その他大量の情報を元に障害物をよけたりすることによって安全性を確保しています。

 

これもまた同時に大量の情報を処理することが必要とされる仕組みであるため、5G通信がなくては実現の困難な技術だということができます。

・遠隔操作による作業

5G通信の遅延の少なさは、様々な分野で遠隔操作による作業を可能にします。
例えば建設現場であれば、ショベルカーなどの建機を、その建機からの視点を写したモニターなどがある室内から操作することができるようになります。

 

これにより現場の危険から作業者を守ることができます。
また、離島などの医師の人材が不足している地域での遠隔医療などへの貢献も期待されています。

5Gの課題は?

サムネイル

便利なものには落とし穴がつきもの。
5G通信もその例外ではありません。

 

5G通信が浸透した社会では、特に今までインターネットにつながっていなかったもの同士がつながる、IoT分野でのセキュリティリスクが高まることが懸念されています。

 

ネットワークに接続される機器が多ければ多いほど、悪意をもって攻撃しようとする人にとっての標的が多いことになり、使用者側はその多さゆえに

セキュリティ管理に苦労する

ことになります。

 

また、大量のものがネットワークでつながっているということは、1つのものが外部の悪意ある何者かに不正な操作を加えられたときに連鎖的に被害が広がる危険性が高まるということでもあります。

 

つまり、

今までとは被害に遭う可能性も、被害の規模も大きくなってしまう

ということです。

もちろん技術レベルでそういった事態への対策は進められているでしょうが、これからそういった技術を使うことになる私たち自身も、トラブルに巻き込まれないよう日頃から注意していきたいですね!

参考URL
・「平成 30 年版情報通信白書」(総務省)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です