1円玉を作ると赤字になるって本当?

普段、何気なく使っている1円玉ですが、実は赤字で製造されているみたいです。 では、実際お金はいくらの原価がかかっているのか調べていきましょう。

今日のネタ結論

1円

硬貨1枚あたりのコストは、当然ですが、硬貨の価値よりも安くあるべきだと思っていましたが、採算が合っていないものもあるみたいです。それが1円玉になります。原因は、アルミニウム地金の価格が高くなっており、製造コストは、1円玉1枚につき2~3円と言われています(2013年時点)。つまり、作れば作るほど赤字になってしまうわけです。

他のお金のコストは?

その他お金

その他のお金のコストはこちらになります。

5円玉・・・約7円
10円玉・・・約10円
50円玉・・・約20円
100円玉・・・約25円
500円玉・・・約30円
1,000円札・・・約14円
5,000円札・・・約20円
10,000円札・・・約22円

1円玉と5円玉については、製造コストが額面の価格を超えています。作れば作るほど赤字になるならば製造をやめればいいのに…と思われるかもしれません。

実際に一部の国では少額硬貨を廃止していますが、ここまで生活に馴染んだものを廃止するというのは簡単なことではないでしょう。

お金はどこで作られているの?

まず、日本で流通しているお金は2種類に分かれます。

①日本銀行が発行しているお金

現在日本で流通している紙幣の全てに「日本銀行券」という文字が印刷されています。このことからもわかるように、紙幣を発行しているのは日本銀行です。しかし、紙幣を発行する機械を所有して、実際にお金を印刷しているのは「独立行政法人 国立印刷局」という機関です。

本局は東京都港区虎ノ門という、東京有数の一等地にあります。また、小田原市には印刷技術の研究開発や真偽鑑定を行う研究所があります。工場は東京、王子、小田原、静岡、彦根、岡山の計6箇所にあります。

②日本政府が発行しているお金

硬貨を製造しているのは日本銀行ではなく日本政府です。日本政府が直接紙幣を発行できないのは、行き過ぎたインフレを抑制するためです。明治時代に日本政府は戦費を確保するために紙幣を過剰に印刷し、インフレを引き起こした経験があります。そのような失策がまた起きると困るので、紙幣を印刷する権利は日本政府とはまた別のところに預けられているわけです。

硬貨はいくら大量に作ろうがそれほど市場に大きな影響を与えることはないため、日本政府が自ら製造することが許されています。ただし、実際には日本政府が直接効果を作っているわけではありません。「独立行政法人 造幣局」が製造しています。造幣局という名前とは裏腹に、紙幣は作っていません。造幣局の本局は大阪市北区にあります。また、支局がさいたま市大宮区と広島市佐伯区の2箇所にあります。

いかがでしたか

「一円を笑う者は一円に泣く」という言葉があるように、1円を稼ぐ大変さや有難みというのを子供のころから意識させていけば、無駄使いはしないようなお子様になるかもしれませんね。

(ライター:P.N.茶ちゃん)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です